ネステナーっていったい何なの?

ネステナーの説明とメリットとデメリットについて

倉庫の中

ネステナーとは大容量の資材が収容できるタイプの倉庫によく使用されている「保管棚」の事を指しています。ネステナーの特徴としては取り外しが簡単だという事が挙げられ、ネステナーの上にあらたなネステナーを取り付けそこを収納スペースにすることが容易に行う事が可能です。

取り外しができない固定の収納棚の場合は、このように棚の上に新たな収納スペースを作ることが困難で非常に使い勝手が悪いです。

この記事ではそんなネステナーに関する基礎情報やメリットやデメリットについて紹介していきたいと思います。

引用文献・ネスラック型・ネステナー型の販売及びレンタルなら三栄マテハン http://www.saneimatehan.com/

ネステナーを使わないときの収納について

ネステナーは取り外しが簡単な収納棚ですので、使わないときはバラバラにして小さく収納スペースに収める事が可能です。形が定まっている収納棚はどうしても未使用時場所を取ってしまい居がちですが、ネステナーであればそのような心配を気にすることは無いのです。

さまざまな形のネステナーが存在する

ネステナーにはさまざな種類が存在し、荷物を置くラックが下部分についている「正ネステナー」や、ラックが上部分についている「逆ネステナー」などどちらも形は正四角で用途に合わせてこれらを組み立てる事で真価を発揮します。

その他では上下どちらかに置き、正ネステナーや逆ネステナーとして使用できる「正逆両用ネステナー」や、一台のネステナーで2段分の荷物を置くことのできる「ステージ付き正ネステナー」もあります。

ネステナーの弱点とは

便利なネステナーですがやはり弱点と呼ばれるデメリットも存在し、「ネステナーの内包量を超える長尺物を乗せることはできない」という事が挙げられます。

ネステナーにも内部の高さという物が存在し、下段に荷物を収納するのであればネステナーの高さを超えないように荷物を選択しなければなりません。

長尺物は上段に置けば問題はありませんが、物理的な問題はネステナーに関しても解決できない深刻な問題となります。

投稿日:

Copyright© ネステナーの利便性について , 2021 All Rights Reserved.