利便性

ネステナーとは何だろう

投稿日:

倉庫の中で積み上げられた荷物

ネステナーとはいわゆる移動式ラックのようなもの

ネステナーはどんなことを指すのかというと、簡単に言えば移動出来るラックのことです。ラックというのはどんなもののことを言うのかというと本を収納したり、雑誌を立てて収納する入れ物のことを言います。

しかしネステナーは本のラックよりも大きく、本の収納としてはあまり使われません。ネステナーは主にどんなものを収納するかというと、段ボールを積み重ねるときにラックのようなものを使っているのを一度は見たことがあります。

段ボールを積み重ねて収納したり、段ボールを移動させたりするのに使うときにこのネステナーが使われます。段ボールを積み重ねるときにネステナーというラックのようなものを使わなくてもいいと思いますが、作業をする車やフォークリフトなどまとめて段ボールを移動させたいときは、このネステナーが便利です。

ネステナーはどうなっているかというと、通常組み立て式になっており、組み替えたりすることも可能です。ネステナーのことを別名スチールパレットとも言います。

もちろん収納しているのは段ボールだけではなく、大量の大きな道具、タイヤ、荷物なども載せることが出来るため、使い道は沢山あります。

一般家庭などではあまり使われませんが、仕事場や作業場などではよく見かけるネステナーです。普通にネステナーを見ているだけでは、何に使っているか分かりませんが、そこに段ボールや大きなものを収納していることで、どうして使われているのかがよく理解出来ます。

ネステナーはいろいろな種類が多いですが、赤色もしくは白色の色が特に多いです。動くラックは重いものを運ぶときに力のない人でも非常に便利なものであり、今でもいろんな仕事場で使われています。

スーパーの荷物の出し入れにもときどき使われたりしています。ものによっては耐震性に優れているものもあるし、大きなものが落ちたり災害が起きても転ばないようなど工夫されています。

今でもいろんな面で使われているのは非常に便利です。

-利便性

Copyright© ネステナーの利便性について , 2020 All Rights Reserved.